ノギンの泡沫投資日記

50代、年間配当40万弱…そんな年齢でそんな額? と知りつつも殖やしたいブログ。

今月中に使わなくちゃ…延長期限近し、クリレスからの優待品


クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)は、様々なレストランを展開する会社。
2月と8月の2回権利確定があり、店舗で金券として使える食事優待券が戴けます。

いろいろ不穏な優待界隈ですが、外食業界では主たる保有動機、来店動機と認知されていることもあり、なんらかの優待は継続したいことかと思います(と妄想しています。)



優待到着時期

5月中旬(総会招集通知と同時)、11月中旬

届いた優待品のご紹介

みんな大好き、お食事券です。
100株保有につき、2,000円分となります。
クリレスの優待券は使用枚数に制限がなく、大変使いやすいです。

クリレス 株主優待品

しかし!
コロナ禍と飼い猫の看病が重なって、全く外食していません…。

クリレス 株主優待品

いかんです。早く使わないと利回り低減、勿体ないお化けに襲われます。

期限延長はもうすぐ締め!

下記によれば、手持ちのうち券面の期限が「2021年5月31日」の1枚が危ないです。

つまりこういうことですね。

券面の期限 延長後の期限
2021年 5月31日 2022年5月31日
2021年11月30日 2022年8月31日
2022年 5月31日 2022年8月31日
2022年11月30日 2022年11月30日

保有予定について

自分のところでは、今はこのクリレスが唯一の外食系保有株です。
2020年の株式分割前から保有しており、分割後に100株を利確して今に至っています。

聞いた話では、クリレスのお店のひとつ「かごの屋」のレジには大量の優待券がチラ見えするのだとか。
そういうのを聞いてしまうと、「優待以外のお客はどうなのよ…」と心配になるわけですが、自宅から歩いて8分の距離に「かごの屋」がある状況がなにげに捨てがたく、含み益の間は保有の構えです。

先のお知らせでは、改めて株主優待の継続が謳われています。

当社は、株主の皆様に当社グループのバラエティ豊かな店舗を利用して頂くことが、企業としての持続的成長につながっていくという考えのもと、株主優待制度を重要な株主還元策と位置づけ、今後も継続して実施する方針です。

でも、そんなことを言いながら廃止されちゃうのが優待の怖さですよ。
信じつつも十分留意しながらご検討くださいませ。

株式情報

2022年5月16日時点の情報です。

銘柄名 クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)
業種 小売
年間配当予想 4.5円
優待権利確定月 2月 8月
優待内容 優待食事券
クリレス 優待金額詳細
※1年以上継続保有の場合、下記株数には追加あり
クリレス 優待金額詳細
参考株価 836円
税引後配当利回り:0.4%
合計利回り:5.2%(100株保有時)
      7.6%(200株長期保有時)