ノギンの泡沫投資日記

50代、年間配当47万…そんな年齢でそんな額? と知りつつも殖やしたいブログ。

またしても、うつと診断されて考えること

カバー

最近の深い悩みは、仕事のパフォーマンスが落ちてしまったこと…。
既に自覚はあったのですが、危機感を覚えるレベルになってきました。

たとえば、残業が増えて、簡単なメールに30分も時間をかけてしまうとか。
迷惑社員レベルの判断ミスをするとか。
逆にいつまでも判断できない、説明できないとか。

一度休職したことのある身としては、とてもイヤな予感がします。



宣告を受けてしまった

そもそも自分は脳のデキに弱みがある人間です。
現在の職責と自分の特性が合わないので、プロフィールの通り薬の助けを一部借りているわけですが、自己評価の低さはいかんともしがたく、うつの危険は常に隣にあります。

そんななか、最近2ヵ月の受診経過はこんなふうになりました。

前々回の受診:
少し気分を助けるお薬に変えてみましょう

前回の受診:
抗うつ薬を処方します」(断言)

あぁ……。

もうね。どんだけ仕事が嫌なのかっていうね。
断言してもいいですが、これは休職か退職すれば改善するやつです。

でも、50歳台後半に入ってそんなことをしたら、老後の前に食い詰めてしまう…。
気が進まないけれど、お薬さん効いてくださいお願いします。
 

うつの段階でいうと、どのあたり?

自分のタイプは、どうやらメランコリーと言われる「いわゆる典型的なうつ」。
このタイプのうつは、聞いた話と自分の体験を合わせると、こんなふうに進むようです。

 ① 処理能力が落ちる
 ② 気分の落ち込み、自責、不眠、体重減少など
 ③ 日常生活ができなくなる(過去の休職はこれ)

いまは①を通り過ぎて②に入ったという診断で、薬を入れることになった状況。

②は悪化せずにいてくれますが、①は継続中ですね。いわゆる「仕事ができない奴」です。
なんなら診断が出たことで、ガックリきてしまい余計に①になったまであるかも。

仕事ができない奴は面倒がられるし、ぞんざいにされる。
これでポジティブになれというのも難しい話なので、行き着く先は治療か、断念かの選択かな。

自分を大事にするなら、ここで無理せずに診断書をとって休職にしたいところです。
復帰先があるかは謎ですがw
 

実際は簡単には食い詰めない

実は、この事態はありうる可能性として常に考えており、現金ポジションである約10年分のお金(MAX倹約バージョン)がこんなときのための生活費となります。

今は視野が狭くなっていて、給与収入をなくすと世界の終わりのように感じてしまうのですが、実際はそんなすぐには終わらないわけで。

大丈夫、悲観しちゃいかん。
少なくともうつを回復させるくらいの時間は作ってあるはずなんだから、気にせず立て直せばいい…という真っ当な気持ちが半分。

いやしかし、この年で休んだらもう社会的に駄目だろう、あのお金は年金開始後の補完資金でもあるんだから…という危機感が半分で、行ったり来たりしています。

なんとか、休める時間には休んでしのいでいますが…。
こりゃ、経過次第では資産運用も危機バージョンになるかもしれませんね。

危機に際して、優待株に救われたという桐谷さんの気持ちが、ちょっとだけわかるかも。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村



運用をキャッシュフローとして捉える日

カバー

日々の暮らしはお金がかかるものですね。

資産運用が大事と言われる今日でも、暮らしてゆくには資産だけではなく、収入…キャッシュフローが必要です。



資産運用の目標は、運用益を生活のキャッシュフローとすること

現在は給与所得者なので、生活のためのキャッシュフローは給与から得ています。
配当所得もあり、「今月の配当は○○円だった」と喜んだりしていますが、これは専ら再投資専用の「数字」であり、フローとして捉えることは少ないです。

この配当が「フロー」として意識できるようになるということは、十分な原資を持てており、配当金を再投資せずとも生活費に充てられるということなのでしょう。

もっと盤石になれば、「取り崩しても減らない」という、圧倒的なボリュームに達します。
すなわち、資産運用を行う多くの人の目標地点です。

では、この目標地点に至らない資産運用は「不足」なのでしょうか?
自分は、そんなことはないと考えています。
 

少ない運用金額でも自立の助けになる

たとえば、昨年の自分の配当収入等は税引後で47万円です。
この額では到底生きてはゆかれませんが、それでも「自立の助けになる」のは間違いありません。

47万円を月で割ると4万円弱ですね。
いま失職したとしたら、なにがなんでも生活必要額を稼がないといけない境遇から、4万円の下駄をはいて「4万円少ない収入でも許せる」境遇へ移行できます。この下駄は自分の選択肢を広めてくれるでしょう。

たとえ4万円が1万円であっても、それで支払えるライフラインがあることを思えば大きな額です。
運用額があるだけで僥倖だ。今はそんなふうに考えています。
 

暮らす上での、配当と取り崩し

不幸にしてキャッシュフローが途切れ、運用をキャッシュフローとして捉える日が来たとき、「配当と取り崩しと、どちらがいいだろうか」と考えないでしょうか。

配当金は、置いてあるお金から配当が生み出されるイメージ。
元手があれば、そして減配しなければ継続して配当が得られてゆきます。

投信は配当を出さないので、自分で取り崩して「山を下りてゆく」イメージ。
投信自体が成長するため単純には減りません(と思う)が、額が少なければすぐに元手がなくなるため、取り崩しのパーセンテージはかなり頼りないものです。

いずれにせよ、元手を減らさずに済む人はほんの一握り以下ですね。
普通のケースでは、元手を上手に減らし、配当も取り崩しもキャッシュフローとして受け止める日がやってきます。

そのときに使い勝手がよいのは、単位株でしか崩せない、崩せば一旦は現金になってしまう株式よりも、運用しながら柔軟に崩せる投信となるでしょう。

さて、いつまで単位株と株主優待を楽しんでいられるかな、自分…。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村



【初取得】ケア21より優待品を戴きました

ケア21 株主優待品

ケア21(2373)は、関西地盤で施設介護を軸とする会社。
10月に権利確定があり、クオカードが戴けます。

優待到着月

1月末

配当金通知書に同封で届きます。

優待品のご紹介

優待品はクオカード 1,000円分。

ケア21は「プレザンリュクス」「プレザンメゾン・グラン」という旗艦的な有料老人ホームを有しているので、そのデザインが来るかな? と思っていたら、意外なことに新設研修センターの入口パネル(らしき)写真でした。

ケア21 株主優待品


クオカードとしてのデザインの初見は「ん?」でしたが、介護施設で諸々の人的問題があるご時世だからか、会社としての取り組みをアピールしているんだなという受け止めです。

保有状況について

一昨年の10月権利後に取得しており、優待は今回が初取得となります。
優待ありの銘柄を権利後に取得すると、次がずいぶん長く感じますね。

激戦区にも感じられる介護業界で、コロナ支援金も途切れ、物価が上がる中、今後は要警戒です。

株式情報




2023年2月2日時点の情報です。

銘柄名 ケア21(2373)
業種 サービス
年間配当予想 17円
優待権利確定月 10月
優待内容 クオカード
1,000円相当:100株以上
参考株価 705円
税引後配当利回り:1.9%
合計利回り:3.3%

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村

2023年1月の配当金

自分のチェックとモチベアップで記録している毎月の配当金。
1月の配当金案内をすべて戴き、配当が出そろいましたので記録です。

貸株等含め、今月の合計は円換算で合計 17,002円 でした。

ドル部分は本来別管理ですが、面倒なので今年からは円換算(時価)でまとめます。
 

過去年同月との比較

昨年までは、記録が1年前までしかなく、グラフは2本だけでした。
今年はめでたく記録3年目を迎えたので、グラフも3本建てです。見づらいかな…。
一番手前の赤色が今年分です。

ノギン 配当金グラフ


1月の前年比は 11,235円のプラス、昨年追加した銘柄の効果で月配当が増えました 🌞

配当は昨年比で少しずつでも増えることを目標にしています。
記録をつけるだけでも意義があると考え、出来る分を増やしつつ進んでゆきます。

配当金の内訳は概ね4月・10月権利の下記のものです。

ノギン 配当金グラフ


現時点とくらべた保有の変化はありません。

前回分です。

benzoin.hatenablog.com

 

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村


兼松エレクトロニクス:大事なお宝株がTOBで離脱

カバー

兼松エレクトロニクス(8096)はずいぶん昔、安かったときに取得した株のひとつで、現在の自分が大事にしていたお宝株です。

しかしこのたび、TOBで完全子会社化されることになってしまいました…。

www.nikkei.com

TOBを行うのは連結親会社の兼松(8020)で、一体経営に向けて兼松サステック(7961)も同時に完全子会社化します。

兼松サステックは、2023年1月27日終値が 1,590円に対し、TOB価格は 2.250円
兼松エレクトロニクスは、同日終値が 4,665円に対し、TOB価格は 6,200円

いや、凄いんだけど。
今後は、頼りにしていた配当を失うこととなり、売却資金の使途と共に思案処です。
個別株はこういう結果も含めて良いものではありますが、配当計画的な意味では番狂わせですね。

というかこれ、損出ししなくちゃ来年がヤバイ。
全く予定外に、ここ泡沫投資ブログとして過去最大の利確になってしまいます。
損出しが追いつかないんだけど、どうしよう…。

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村


大ショック…NISAの金融機関変更に失敗。原因と対応は?

カバー

昨年末から、NISA口座の金融機関変更に取り組んでいます。

長い手続き待ち期間を経て…

口座開設が拒否されました!

初歩的なミスをしていたようです…。

なにごとも慎重に確認するべし。

そのミスとは…?
…「申請画面の入口を間違えた」でした。



NISA金融機関変更の準備と日数

今回変更先の口座に選んだのは、SBI証券でした。
といってもいきなりSBI証券では手続きできず、事前に元の金融機関から書類を取得します。
時間がかかるので覚悟して臨みましょう。

自分の場合はこんな準備日程になりました。
表内の日数は土日を除く営業日数です。

NISA金融機関変更 準備段階


こうして、変更前金融機関のNISAは廃止されました。
郵送の「勘定廃止通知書」が届いたら、満を持してSBI証券で手続き開始です。
間違えましたけど。

間違った申請口はこちら

SBI証券へ金融機関変更の場合は、ここから申し込んではいけません。
すぐ目につくところにあるボタンですが、ここから申し込んではいけません。

NISA申込入口(新規受付)


こちらのメニューは新規受付用です。
金融機関変更時は、Webではなくて郵送手続きが必要です。

いや、知っていたので警戒はしたのですよ。
でも、申請画面は撮影していなかったのですが、画面をよく読むと説明文の中に
「下記の申請を兼ねます。勘定廃止通知書」
というような記載があったのですね。

なので、
「へえ、他口座廃止の事実をオンラインで照会してくれるのかな。
さすがネット証券。時代はペーパーレスだよね~」

とか思っちゃったんですよ。

愚かでした…。
というか、まぎらわしいこと書かないでくれないかな。

実際は、別の入口から書類請求して、やはり「勘定廃止通知書」と共に郵送する必要がありました。

正しい申請口はこちら

金融機関変更の場合の正しい入口はこちらです。

SBI証券 NISA金融機関変更


こちらのメニューから入ると必要書類の郵送を申し込むようになります。
自分は失敗してしまったのでメニューの先が表示されない状態なのですがorz

よく確認して申し込みましょう。ううう…。
 

口座開設を拒否されたら、それからどうする?

こちらが、NISA申込からたっぷり9営業日後に届いた口座開設無効の通知です。
目にするのは珍しいですね(失笑)

SBI証券 NISA口座開設無効のご連絡


勘定廃止通知書により、前のNISA口座は確かに廃止されていますが、税務署にとっては「そんなこと知らん」だそうです。

さて、こうなったら改めて申請し直さなくてはいけません。
どうやって?
お知らせ末尾のリンクをクリックしても、既に申込中となり手続きできません。

チャットサポートによれば、「電話対応になるのでカスタマーサポートへどうぞ」だそうです。

NISA口座開設に失敗し、すぐにやり直したい場合はカスタマーサポートへ電話。

それに従い電話したところ、翌営業日に必要書類を送って貰えることになりました。






仮開設のNISA口座で取引してしまった。どうすればいい?

新規受付窓口から申し込んだNISA口座は、申込から中2日で「仮開設」の状態になりました。
本解説までの待機期間は、そこから約7日。
この段階でNISA取引は可能ですが、自分のように口座拒否された場合は残念な事態になります。

NISA口座開設が拒否された場合、SBI証券の仮開設口座は約一週間後(*)に閉鎖される。
仮開設中の売買は一般口座の売買へ変換される。
閉鎖となるNISA口座の保有銘柄は一般口座に移される。
(*) 金融機関により日限や取扱経過は異なります。
い、一般口座…!

相性最悪。一般口座で株式を持つのはデメリットしかありません。

しかも、一般口座から特定口座への移管はできないのです。
よほど事情がある場合を除き、売却して特定口座で買い直すのが最善でしょう。

1週間で閉鎖され、取引履歴が一般口座のそれに変換されるNISA仮口座も同じ。ここは売却の一手しかないのですね。

仮開設中の売買で売却益が出たら、自力で税金を計算して確定申告する。
……。

へんじがない。
ただのしかばねのようだ。

というのはともかく。

勘定廃止通知書が手元にあるからといって気を大きくしてはイケマセンよ。
マイナンバーを届けていても、日本なんてこんなもんです。

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村

モーニングスター ひっそりと廃止された9月優待、その他ニュースてんこ盛り

カバー

株主優待の変更・廃止にあたっては、開示が出ることがほとんどです。

優待内容が毎年新たに定まる場合も、開示で知らされたりします。
「おお、今年もこれね」「今年はこうなるのか」という安心感のようなものがあります。



モーニングスター株主優待実施開示は…。

暗号資産XRPを優待品とするモーニングスターも、付与額が毎回変動するので都度開示のスタイルを取っており、今年もこんなタイトルで通知が来ました。

「おお、いつものやつか」と思うでしょう?
実際、出だしはこんなふうに始まります。

モーニングスター 開示情報


うんうん、いつも通り。
いや、XRPの付与額が500株以上で拡充されているようですね。

それで… うん?

4.暗号資産(仮想通貨)XRP による株主優待の内容変更について
(中略)
このたび、新たに、5 単元(500 株)以上保有の株主様に、10,000 円相当の暗号資産(仮想通貨)XRPを進呈させて頂くことを決定いたしました。
尚、今後は、9月 30 日基準の中間株主の優待は廃止いたします。


2ページ目の目立たない部分にひっそりとこんなことを記載 😅😅

年2回の優待が年1回に変更

いや、ここは、件名も内容ももっと目立つように記載するところじゃないかな。
それこそ、他社はたいてい比較表を出して開示しているものです。

明朗イケイケのモーニングスターらしからぬ開示だな… と思ったのは自分だけでしょうか。

折角なのでかわりに比較するとこんな感じです。

 変更前変更後
3月100株以上 2,500XRP および
株式新聞6ヵ月
2,500XRP および
株式新聞6ヵ月
500株以上 2,500XRP および
株式新聞12ヵ月
10,000XRP および
株式新聞12ヵ月
9月100株以上 2,500XRP
500株以上

まあ、暗号資産の価値は変動が激しいとはいえ、100株金額だけでみると過大な優待であったため、株主数等も考慮して適正なところを探ってゆくのでしょう。

500株以上は気前のよい拡充なので、ホルダーの方には嬉しい変更となります。

決算、増配、公開買付、社名変更

しかし、モーニングスターの開示はこれだけではありませんでした。
同日に決算を含む9本の開示を出しており、変化点てんこ盛りです。

もう、なんだなんだ? と目まぐるしくて、しかもどれも大ニュース。
情報量が多すぎるんですが、この荒波感もモーニングスター…改め、SBIグローバルアセットマネジメントの特徴なのかもしれません。(社名のインパクトは薄くなったけど…。)

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村