ノギンの泡沫投資日記

50代、年間配当69万…。住居費からの自由までもう少し、働きながら頑張るブログ。

新NISAからも、海外からも放置中。Jリートの捉え方

カバー

ふー。

しつこい頭痛でモニタが見られない間にも、相変わらずの高値継続ですか…。
日本人が外国を買い、外国人が日本を買うという謎展開も佳境の感がありますね。

そんな中で、とある領域が思いっきり放置されているのをお気づきでしょうか。

株価指数ヒストリカルグラフ -東証REIT指数- 日足チャート


Jリートです…。
いやはや、これは清々しい。直近2年間の最安値圏ですよ。
放置というより、お金が流出して株式のほうに流れているのかな。




世間の注目に含まれていないジャンル?

リートは株式ではありません。
不動産投資信託が上場しているもので、投資口の向こう側にあるのは証券化された不動産群です。

そのため、株式とはちょっと違った態度で保有する必要があり、そのあたりが今のニーズと合わない、「儲からない」ジャンルと見なされているのかもしれませんね。

  • 利益の上限がある(家賃以上には儲からない)
  • 長期保有と価格成長は関係ない
  • ほぼ全てを分配するため複利効果がない

うん。今の投資ブームとは真逆の方向性だわー。

長期で持っても成長しないなら、そんなの駄目じゃん?
値下がりしてるなんて、もっと駄目じゃん?
という投資家の声が聞こえてきそうです。

まあ、それもそのはず…。
リートの保有意義は、不動産から得られる分配金それ自体と言って良いのですから。

リートは投資額を成長させるためではなく、定期配当を得るために保有するものだ、と考えておくのが良いでしょう。つまるところ、ホットケ型の不労所得装置が欲しい人向けです。

儲からなくても、少額でもいい。
資産の一角にリートを備え、変動幅の少ない入金額を確保することで、精神が安定する…。そんなタイプの人にとっては、含み損化の余地も減って買いやすい時期が来ている気がします。

逆に、全力NISAで資産をガンガン成長させるぞ! という長期の野望がある場合は、やはりリートを外した方が成績が良いでしょうね。

当ブログではたまにリート・インフラファンドを話題にしており、少しずつ買っております。実物不動産のような節税メリットは得られませんが、そんなものを持つ才覚のない身にはこれで充分…。

おかげ様で、静かな投資は体調不良の味方であります。

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村

ニップン:優待拡充で安心感

カバー

株主優待の新設がニュースになるなか、同じくらい優待廃止も出ています。
特に、長期間続いた有名な優待が「公平な利益還元のため」に廃止されると、「あぁ、ここも…」と諦めるしかなく、寂しさがつのります。

ほかの優良優待はこの先、どうなるのかな。

保有銘柄が優待を実施していると、どうしても心配になりますね。

ニップン(2001)もそんな心配をしていた会社のひとつでしたが…、
先日開示が出て、廃止や改悪とは逆をゆく拡充が決まりました🎉

今まで無かった「200株」が新設された

開示内容は下記の通りです。

ニップン 株主優待の拡充


変更前の保有株数は 500株でしたが、このたび200株を新設。
3月権利で、1,500円相当の製品詰め合わせが戴けます。

保有のハードルが下がった、ということは、優待の送付数が増えてもよいと判断されたということなのでしょう。ニップンは優待に積極的というメッセージを受信しました。

売買単位が 1,000株のときから延々保有していた身としては、少しほっとするニュースであります。

一番ありがたい優待は「長期継続」だよね

ここもとの優待人気は怖いものがあり、あっという間に株価が急騰急落したり、あまりの株主激増が優待まで押し流してしまった例は数多いです。

ニップンほどの企業がやることだから、準備はあるのでしょうが…。
必要金額45万円超、合計利回りも 2.3%と、優待観点からはお得ではない(失礼)ため、逆にイケルということなのかな?

開示後の株価はすぐに落ち着いたように見えます。
このまま、乱獲されずにまったり保有させて貰えると嬉しいなあ。




にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村

【初取得】AB&Companyから株主優待が到着

カバー

AB&Company(9251)は、美容室「Agu.」を運営する持株会社
10月に権利確定があり、自社オンラインストアで取り扱う商品セットが戴けます。




優待到着時期

案内到着:1月末
優待品到着:申込から1週間程度

優待品のご紹介

優待品は選択方式で、QRコードから申し込む簡単設計です。
こんなラインナップから商品を選び、「株主様ご優待券」に印刷されたクーポンコードを入力。

AB&Company 株主優待品


どのセットも容量たっぷりですね!
自分は基本の「Aセット」を申し込みました。

AB&Company 株主優待品

  • number A. シャンプー(ボトル)500ml
  • number A. トリートメント(ボトル)500ml
  • number A. シャンプー(詰替) 450ml x2
  • number A. トリートメント(詰替)450ml

はー、いい香りだなあ。 美容室に行った気分になれるかも。
商品説明ページ によれば、「6種類の草花エキス配合」だそうです。

ヘアケア製品が戴ける株主優待は複数あるので、もし制覇したら経済的自由ならぬ「ヘアケア的自由」が実現するかもしれませんね。

保有状況について

昨年10月のPOに補欠当選し、その月に権利確定となりました。
計算上は保有0年(初年)です。

正直当たるとは思わず、深く考えずに応募したため、当選後にオタオタしたのが実際のところでしょうか。優待つき権利月のPO実施となると、権利落ち後の株価下落が見えたような状態なので…💧
まあ、それを込みで取得しまして、含み損を株主優待で補う気持ちで応援保有中です。

お楽しみ枠ってやつですね。

※上場の浅い企業は時折、株主優待を「盛った」状態にすることがあるので、その継続性には常に注意しておきましょう。

株式情報




2024年2月7日時点の情報です。

銘柄名 AB&Company(9251)
業種 サービス
年間配当予想 28.07円
優待権利確定月 10月
優待内容 自社オンラインストア商品券(8,000円相当)
1枚:100株以上
3枚:500株以上
※買物1回につき1枚利用可
参考株価 966円
税引後配当利回り:2.3%
合計利回り:10.6%(100株保有時)

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村

NISA個別株投資スキルのひとつ:「忘れる」

カバー

投資家になるために必要なスキルは? とGoogleに聞くと、財務諸表を読む力とか、市場ニュースの読解力とか、何か色々と列挙されます。

「考える力」とかいう量りにくい力が求められることもありますし、ChatGPTに至っては「コミュニケーション能力」と答えてきました。

確かに、どれも必要です。
そのスキルを投資前に発揮すれば、多くの失敗を減らせるでしょう。

しかし今時のネットメディアや証券会社が、
「これからはNISAですよ。財務諸表を勉強して、市場ニュースも集めましょうね」
と言うでしょうか。

そういうのはあまり見なかったなあ。
むしろ、「新NISAの成長投資枠で買うのはこれだ!」
っていうやつならたくさん見た。
スキルなんて、いらないですよ、っていうね。

しかし、そのような情報によって個別株を取得するなら、情報が外れたといって狼狽したり、毎日株価を眺めて不安になったり、最悪はマイナスで売却してしまうかもしれません。
NISAは元々、株価にふりまわされないために持つ口座のはずなのに、それでは本末転倒です…。

せっかく決断した保有銘柄ならば、こんなスキルも発動させましょうか。

カバー


ほら、投資成績が一番良かったのは運用を忘れていた人だった、という話もあるし。
これなら、スキルとは言っても気の持ちようひとつで使えるし、訓練もいらな… いる、かな?

ともかく、忘れることを前提に取得する。
忘れてもいいと思って取得する。

まあ実際には、決算や開示は見るべきなのですが、新NISAで個別株を持つならこれもスキルの一つに数えて良いでしょう。

本当に忘れても良いのか? という視点で銘柄を見直すと、NISAの個別株というのは意外に決断力のいるものです。インデックスが強く推奨されるのは、そのへんをうまく丸めて分散させてくれているからですね。

ネットの情報は、ちょっとした変動でも「NISAに冷や水?」という話になったり、「買いました」「売りました」という真偽不明のつぶやきが出たりします。
正直うるさいので、心乱される情報からは離れたほうがいいんじゃないかな。

どうせ買ってしまったものなら、もう自覚的に忘れておくことで、結果的には心穏やかな投資結果を待てるような気がします。

え? 暴落が来たらどうするのか、って?

そりゃあ奥様、買い続けるんですよ。ええ。
もう買えない年齢になったときに、すこしでも資産が残っているように…。
投資にはそんな怖さもあります。

万一そんな日が来たとしても、「忘れる」スキルで乗り切りましょう。ふんぬっ!




にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村

2024年1月の配当金

自分のチェックとモチベアップで記録している毎月の配当金。
新年1月の配当金案内をすべて戴き、配当が出そろいましたので記録です。

貸株等含め、今月の合計は円換算で合計 26,716円 でした。

当ブログは日本株が多いため、1月から3月までの配当金には今年の投資分がほとんど含まれず、主に昨年分の投資に対する答え合わせです。そんな時間差に慣れてゆくのも、投資感覚のひとつとなるでしょうか。

過去年同月との比較

過去年との比較は下記のようになりました。

ノギン 配当金グラフ


1月の前年比は 9,710円 のプラス。
銘柄追加も行い、無事増額となりました 🌞

4月・10月という権利月は少ないので、配当額は自然には増えづらいです。
実際、上のグラフでも3年前の1月・7月は貸株だけだったので、棒線が見えません。
そうなると、なんだか謎の挑戦力を出したくなって今に至るのでした。

叶うなら住居費だけでも、ハイブリッド預金への配当受け入れ結果から賄いたいなーって。

配当金の内訳は概ね4月・10月権利の下記のものです。

ノギン 配当金グラフ


1月受取月について、現在は下記のようになりました。

OUT ケア21
IN クミアイ化学工業

ケア21はヘルスケア事業に期待し、2年超保有しましたが、思っていたのと違うなあと感じて昨年損切りで終了しております。傷を癒しつつまた頑張ります。




前回分です。

benzoin.hatenablog.com
にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村

ファースト住建から株主優待(品物Ver.)が到着

カバー

ファースト住建(8917)は、戸建て分譲を取り扱う会社。
4月と10月の年2回権利確定があり、1年以上の保有クオカードまたは商品が戴けます。



優待到着時期

1月末、7月初旬

今回は、2023年10月権利分の優待品が1月末に到着しました。

優待品のご紹介

ファースト住建の優待品は、100株以上がクオカード、300株以上が商品です。
2023年10月権利分の商品は、「おじゃこのやわ煮」でした。

エアパッキン(いわゆるプチプチ)と一体化した封筒で、優しく到着です。

ファースト住建 株主優待品


内容量は300g。写真の見た目より大袋で、意外にずっしり感じました。
原材料も良心的な内容で、期待度大です。

ファースト住建 株主優待品


朝食のお供にも良いけれど、おにぎりが食べたくなってきたな…。

300gをおにぎり換算すると、30個以上作れるらしいよ。

この300株優待、気になる価格は? というと 1,000円くらいのようですね。

価格換算で 100株と300株を比較すると、今回は100株に軍配でした。
ただ前回の優待品である「揖保乃糸そうめんセット」は 1,600円前後と思われたので、300株に関してはその時々の運を楽しむ感覚となるでしょう。

保有状況について

保有2年目を回り、今回で初めて夏冬2回分の優待が揃いました。

配当優待を目的に保有していますが、事業内容が注文住宅・分譲住宅ということで購買層の動向が影響する業態です。
そして、直近の決算は2期連続で減益。受注は進んでおり来期には売上計上されて改善見込みとありますが、安心して放置の領域にはまだなっていません。

年2回という優待回数の多さも含めて、いつも何かしら気にしながら保有している感じです。

株式情報




2024年1月30日時点の情報です。

銘柄名 ファースト住建(8917)
業種 不動産
年間配当予想 43円
優待権利確定月 4月 10月
優待内容 クオカードまたは商品
500円相当QUOカード:100株以上を1年以上保有
商品:300株以上を1年以上保有
参考株価 1,109円
税引後配当利回り:3.1%
合計利回り:3.4%(100株を1年以上保有時)

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村

【Adsense】いつの間にか警告された「シンガポールの税務情報をご提出ください」に対応

カバー

うわー、なんかこんなの出た。

Adsenseの警告


いや、正確には、「他のブロガー様が注意喚起していたので確認したら、自分もそうだった」という結果なんですが。
この赤い帯はAdsenseのトップページには表示されず、「お支払い→お支払い情報→設定を管理する」と進まないと見えないので、言われないと気づかないですね。

対応の手順や画面などは他に譲るとして、このブログでは「この赤帯には何の意味が?」という部分を調べてみました。



Adsenseの収益には居住地の税制が適用される

当ブログにも適用している、Google Adsenseプログラム。
全世界公開のインターネットで広告プログラムを適用し、もし収益が発生した場合、どの国でその収益が発生したか、言い換えれば自分の収益にどの国の税制を適用するかは大きな問題です。

そんなの、日本に決まってるじゃん?
インターナショナルのかけらもない日本語ブログだよ?
などと思うわけですが、グローバル企業にはそんなことわかりませんね。

少なくともAdsenseにおいては、プログラムの開始時に「税務情報」として日本国居住の証明を提出し、「私は日本在住の者ですから、米国の税制を適用しないでください」という 税法上の居住地を登録することになります。

米国居住者は収益が源泉徴収されるよ!
でも日本国居住であることが証明されれば、源泉徴収は免除(租税条約による優遇)されるんだ。

これにより、米国と日本の両方に納税という 二重課税の問題が回避されます。
国外在住者が誰でも免除されるというものではなく、あくまで米国と日本は租税条約を結んでいるから、その条約により免除されるというのがポイントらしいですね。

国によっては個別に証明しないといけないらしい

さて、今回表示されたのは米国ではなく、シンガポールです。
米国に対してはAdsenseの開始時に必要書類を提出し、日本居住者であることを証明済みではありますが、それと同じことをシンガポールに対しても行わなくてはならないようですね。

日本とシンガポールの間にも、同様の租税条約があります。

シンガポールでも最近、収益の源泉徴収を始めたということでしょうか…。
いつの間にか表示されていたので、一種の地雷な気もします。

ならばと、「税務情報の追加」を行い、Adsense登録時と同一のマイナンバーカードをアップロードしたところ、数日後には問題が解消しました。

Adsense管理画面


しかし、それと同時に副作用が…!

居住証明の再送信により、米国に対しても再審査になってしまった

シンガポールに対する税務情報が承認されたことは、Googleからもメール通知が届いて安心したのですが、その結果をAdsense管理画面で見ようとすると…。

Adsense管理画面


なんと、Adsense加入時に承認されていたはずの、米国に対する情報が再審査になっていました。

あー、これはあれか。
居住証明のためにマイナンバーカードを送り直したから、居住地の変更とみなされて、再度改めて審査されちゃうのか…。

il||li_| ̄|○il||li ズーン

画面上では7日かかるという審査が、今回はそれ以上を要しているのでイヤな感じですね。
何かの理由で不承認となった場合、最悪だと税務署に赴き、書面の「居住証明書」を取得しないといけない例もあったようなので、少々面倒な予感がします。

やれやれ…。
なにげなく広告を放置 載せているだけでしたが、アカウントは定期確認が必要な時代ですねぇ。

【追記】審査落ちました。どうやらもう、マイナンバーカードでは駄目なようですね。やはり管轄税務署が発行する居住者証明書を取りましょう。

うわー。 面倒くさいー。
念のため、アメリカ合衆国シンガポールを両方とも申請しておこう…。




にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村