ノギンの泡沫投資日記

50代、年間配当40万弱…そんな年齢でそんな額? と知りつつも殖やしたいブログ。

いつも割高なヘルスケア&メディカル投資法人から優待案内を戴きました

カバー

もし優待権利を行使すれば一撃必殺級の利回りとなるのが、ヘルスケア&メディカル投資法人(3455)。

1月・7月の年2回権利確定があり、各運営事業者による優待が受けられます。



 

いまだ1法人のみ、ヘルスケア特化型のJリート

不動産には物流、ホテルなどの運用対象分類があり、このうち有料老人ホーム、サ高住、医療関連施設等の高齢者向け施設は「ヘルスケア」と分類されます。

株式会社では、ケア21(2373)・SONPO(8630)・ベネッセ(9783)等々…。
投資法人では、ケネディクスRN(3278)・大和証券リビング(8986)等々も部分的に…。

高齢化、そして高齢者の孤立化も待ったなしのご時世で、これらのヘルスケア施設を擁する銘柄は数あれど、特化型のJリートとしては現在HCMの1法人のみです。
2022年7月期運用報告にある保有物件の概略はこんな感じ。

ヘルスケア&メディカル投資法人 ポートフォリオ概略


稼働率も物件取得も順調のようです。
10月21日時点の投資口価格はぶっちぎりの割高(1口あたり時価資産額比で約1.4倍)で、ヘルスケア施設リートに対する関心の高さがうかがえます。
 

HCMの投資主優待

運用報告書の冊子を逆側から開くと、HCMが新規取得した温泉付有料老人ホームの施設特集になっており、投資主優待の紹介がそれに続きます。

ヘルスケア&メディカル投資法人 封入物


対象となるのは9事業者の運営する施設で、例をあげるとこんな内容でした。

  • 株式会社JAPANライフデザインの運営する施設 …
    ・対象施設の無料体験入居(1泊2食食事付)
    ・入金一時金のうち30万円を割引
     
  • 株式会社さわやか倶楽部の運営する施設 …
    ・月払い契約の場合、初月利用料の10%を割引
    ・対象施設の無料体験入居(1泊2食食事付)
    ・対象施設の無料見学(昼食付)

冊子の全体はIRライブラリーから確認できます。

優待を受けるには、該当の施設でこの「資産運用報告」冊子と「分配金計算書」を提示します。
分配金計算書を捨ててしまうとNGなので、行使の難易度は高いかもしれません 😓
権利付与が年2回であるのにあわせて、行使の有効期限も各々半年間です。

一応、貧乏性で書類は取ってありますが、諸費用諸々を考えるに、自分はやはり投資主としてのみの関わりになるでしょうね…。

最大30万円の割引という超絶利回りを諦めるかわりに、分配金を健康維持に投資するとします。
せめて長期の累積分配金が30万円になるよう頑張ってみようかな。
 

投資口情報

2022年10月21日時点の情報です。

銘柄名 ヘルスケア・メディカル投資法人(3455)
格付 JCR A+
年間分配金予想 約 6,700円
優待権利確定月 1月 7月
優待内容 各運営事業者による優待
(体験入居無料など)
参考投資口価格 185,200円
税引後分配金利回り:2.9%

割高が災いしてリートとしては利回りが低くなっています。
どんなジャンルでも期待値の高い銘柄は値上がりするものですね。