ノギンの泡沫投資日記

50代、年間配当47万…そんな年齢でそんな額? と知りつつも殖やしたいブログ。

自社株買いと増配

カバー

本日はちょっと短い雑記ブログを。

内部留保の使途として、自社株買いという株主還元がよく話題に上がります。

自社株買いをすると1株価値が向上する。
そして、配当が同じであれば、株数が減るので支払う配当金総額が軽くなる。
または、配当の原資が同じで株数が減ると考えれば、単純計算で増配しても良さそうです。

どれも良いことですが、株主還元という観点でいうと、やはり値上がり益でしょうか。

しかし、値上がり益というのはいったん行使すれば、企業とのつながりが途切れるか薄くなり、その分のインカムゲインを失うものでもあります。
株を売る算段で株主還元というのも、含み益そのものが株主還元というのも、以前はピンときませんでした。

しかし、多くの株主が売却益でハッピーになり、その売却株を別の株主が取得してより多くの株主がハッピーになると考えるなら、確かに企業にとっては「株主還元を実施している」ことになるのでしょう。

でもそれは、あくまで本業が堅実に発展しているという前提でのみ、嬉しいことです。
業績不透明で自社株買いをするなら、「成長投資のネタがないのかな?」と気にするとことろです。

どうせなら、業績が上がる投資をして増配…の方が嬉しく感じたりしませんか?
いや、投資も自社株買いも増配も全部やってる企業、というのも中にはありますが…。
つまるところ、配当金大好き😍

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村