ノギンの泡沫投資日記

50代、年間配当40万弱…そんな年齢でそんな額? と知りつつも殖やしたいブログ。

とある身内Aの株式投資事始め

カバー


身内Aという方がおられます。
この方はガチの預金派ですが、資産運用を頑張る人のことは否定しません。
話は身内Aのある日の決心から始まります。

身内A「証券口座を開こうと思う」
ノギン「ほほう! 良いことです」

身内A「それで、株をやりたい」
ノギン「ふむふむ」

株をやる、という言い方にはちょっと引っかかるものを感じますが、細かいことは気にしない。
頑固な預金派がやっと資産運用に目覚めてくれたのかと、喜ばしい気持ちでした。

身内A「ついては、お金は出すので日本ハムを買ってほしい」
ノギン「・・・うん?」

なんか今、凄い他人事な台詞が聞こえたような気が…。

ノギン「まあまあ。まずは自分の口座を開いてからですな。
    ついてはわたくしが送る紹介者リンクから…w」

身内A「ハム買って」
ノギン「・・・」

なんか察した。
これは、日本ハムの優待品が欲しいと、そういうことなんだな。
贔屓球団の日本ハムファイターズを応援しながら、優待生活がしてみたいと。

きっかけとしては悪くないけど、そのまんますぎるのもちょっと…。

ていうかそれ、自分で運用しないと駄目だから。
他人に運用させたら借名取引という禁止行為に該当しますよ。
最悪はこちらの証券口座がペナルティを受けて… いや、そういう問題でもなくて、証券口座のパスワードを人に渡すとかあり得ないから。

そういうわけで自分で運用してください。
レッツ勉強!

身内A「面倒くさい・・・」
ノギン「そうでしょうそうでしょう」

これは、相当先が長そうですな。

逆にいうなら、こんな人が株式投資を考えるくらいに、世の中的には投資の抵抗感が薄れてきたということでもあります。

9月アノマリーの株安から権利日も越えようとする今、始めるには悪くない時期ですね。
日本ハムという会社選択も、割安という観点で悪くないようです。
靴磨きの少年とならぬよう、長年の預金主義を忘れず堅実にいってほしいと思います。
(対面営業だけは禁止しておきました。)

それで、この御方の真面目な投資生活はいつ始まるのか、生暖かく続報を待とうかな。