ノギンの泡沫投資日記

50代、年間配当40万弱…そんな年齢でそんな額? と知りつつも殖やしたいブログ。

「重要でない国は、普通に値上げされる」という怖い言説

カバー

ちょっと怖い記事に出会いました。

diamond.jp



サブスクリプション以外のAppの価格が10月から値上げ

記事の元情報はこちらのお知らせで、App課金時の料金が平均3割ほど値上げになるというものです。

上記には各国通貨で値上げ前と値上げ後の価格対照表が付されていました。
課金額の最低料金 120円は、10月5日からは 160円となるのですね。

ポケモンGOのミニチケットも値上げか… じゃなくて。
 

重要な市場ならば、価格設定はカスタマイズされる…が

記事はここから本体価格の話にいったん飛びます。

日本はiPhoneが相対的に安い国だった。
なぜなら日本はiPhoneの需要が高く、重要な市場だったから。
だから値上げもするけれど、日本人がギリギリついて来られる価格設定にしよう。

…という感じで、いわばお得意様的な配慮があったけれど、この先日本が斜陽化して需要が見込めなくなるなら、その配慮も過去形になるだろう、というのが記事の趣旨のようです。

グローバル企業というものは価格設定において、二つのどちらかの態度をとります。本社から見てその国が重要な市場ならば、現地法人のアドバイスに従ってその国の事情に合わせた特別な価格設定を考えますし、それほど重要な市場でなければ本国の価格を前提にした価格を押し付けます。

そうして、App課金の値上げを皮切りに、「配慮されない」値上げがやってくる…。
日本人としては自尊心をくじかれるような、怖い話。
日本ダメ論がここにも来たかという記事でした。
 

日本ダメ論は当たっているけど、染まりきることもないぞ

かつて得ていたお得意様のステータスを失い、他国からいいように値付けされると思うと、意欲が下がります。日本ダメ論も流行ってしまうのでしょう。

でも、そんな「日本」と自分を一体化させすぎるのは危険です。
自尊心が思うように満たせない、という無念さを一足飛びに日本のせいにしてはいかんです。

国としての日本は斜陽化してしまっても、自分という個人レベルの尊厳を保つことは十分できる国です。元気な人なら自由に日本を飛び出すか起業するし、資産家ならばAAPLを買うかもしれませんね。

どれにも当てはまらないとしても、「自分レベルの尊厳」にもっと集中するなら、改善や対策にはまだ間に合います。少なくとも、卑近な値上げに対してはマネーハックなり、時には収入増や資産増を取り入れて現実的に対策したいもの。

ものの値上げに悩まされ、日本ダメ論の誘惑に染まるのは簡単です。
自分の頭の中も結構ひねこびてしまっています。
でも、身の回りの満足を積み上げて見える世界を変えるという難しい努力が今必要なのだろうと、こういう言説を見るたびに感じます。