ノギンの泡沫投資日記

50代、年間配当47万…そんな年齢でそんな額? と知りつつも殖やしたいブログ。

値上がりの機会を逃しても、焦ることはない

カバー

お盆休み前となる、先週末の株価は凄い上昇でした。
抑える話と攻める話が入り混じる中、引けてみれば「マーケットさんお見それしました」っていう…。
身近な人が高揚感に包まれていたりすると、つい焦る気持ちも出てしまいそうです。

これ、来週もありそうじゃないですか。
アナリストと言われる人たちの予想も手のひら返しというか何というか。
なんだか、浮かれてきている?

そんな中、自分の口座もふわっと上昇しましたが、聞こえる話よりは全然でした。
普段からそんな感じなんですよね…。

つまり、うまく乗れなくて残念ってこと?
いや。いやいやいや。

1週間や1ヵ月の話で気分を変える必要はありませんです。
投資先は変えてもいいけど、気分まで変えてしまうのは少し違うかな。
そこは下手にブレないで、当初姿勢に立ち返って落ち着いていましょう。(To自分)

調子がよければ指数を買うし、下がってくれば個別を買うぞ。
お金少ないけど…。
 

「利益が少ないのは失敗」という考えをやめよう

インデックスや長期保有で過ごしてきた方なら、そのつもりの投資目標を持っていたはずです。
5年間でこれくらいの成長を期待しようとか、配当益をこれくらい再投資できるとか。
その初心を忘れず、徐々に進んでゆくのもまた投資…。

逃した値上がりだけを気にしてしまうのは、視野が狭まっている可能性があり要注意です。
あれを追うべきだった、いや今からでも、なーんていう取り組み方は宜しくないのです。

いや…、投資センスがあって短期が楽しい人・投機が得意な人とかは別ですよ。
そういうのは特殊な才能なんだと割り切り、自分の器を忘れずに置くのも大事という話です。

時間が経って資産が増えていれば、それが成功です。🎉
世間と比べた多い少ないよりも、自分の目標だけを見て独歩すればよいです。

短期で爆増しなくても、実はそれが投資の普通だったりします。
普通を堅持してじんわり増やすのも簡単ではなく、まあ才能と思って自分を褒めればよいですね。
良いときも悪いときも、自分基準に立ち返ることで結局は長続きします。

焦るな自分、と思って買ってゆきまする。